ocawari4175のブログ(仮)

ocawari4175のブログ(仮)

国内ロードレースをゆるゆると観戦してます

天空に近い群馬CSCへ観戦に行ってきたよ

令和初のブログは平成最後のJプロツアー「東日本ロードクラシック 群馬大会」となる予定だったのに、横着した忙しかったせいで更新がものすごく遅くなりました。

jbcfroad.jp

 

レースの2日前に出された案内に気付いた界隈はざわざわとしていたのですが、 実際に現地へ赴いたところ…

※ナンシー鈴木様(@nancy_suzuki)のツイッターより引用させていただきました。

 

た、立ち入り禁止だと~~~~~!!!!??????

 

去年まで入る事の出来たエリアが、突如関係者のみ立ち入り禁止に。しかも事前告知では立ち入り禁止でなかったエリアまで封鎖されるというオプション付き

\(^o^)/

仕方ないので道路を挟んで向かいの観戦可能エリアからチームピットへ挨拶がてら手を振っていたら、ヴィクトワール広島藤岡キャプテンが柵を越えてわざわざこちら側へ来てくれました。キャプテン優しすぎ…(ToT)

f:id:ocawari4175:20190628101758j:plain

この日から発売になった新しいガイドブッグを手にもって記念にパチリ。

 

Pのレースは12:25からだったので、それまではVIPチケットの引換をしたり、E3のレースを見たりしながらふらふらしていると、お待ちかねの「チームプレゼンテーション」の時間に。

f:id:ocawari4175:20190628103811j:plain

選手達が続々とプレゼン広場へ集まってきます。 

 

f:id:ocawari4175:20190628103859j:plain

待機してるのは弱虫ペダルサイクリングチーム

 

f:id:ocawari4175:20190628104117j:plain

プレゼン自体はいつものようなゆるい感じでした。ベテランの巧みな話術で会場を爆笑の渦に巻き込んだTEAM UKYO畑中選手

 

f:id:ocawari4175:20190628104449j:plain

チームメイトがなんと渋滞に巻き込まれ*1、プレゼンは一人参戦だった群馬グリフィン安田選手

  

チームプレゼンが終わるとレース開始まで暇になるので、友人とおしゃべりしたりして時間を過ごします。

ちなみに群馬CSC「ザ・陸の孤島なので、ご飯を調達できるようなお店や、座って一服出来るような場所がないので、始めて観戦に行かれる方はご注意ください。

 食料調達が容易でないのを分かっているのか、群馬CSCVIPチケットお弁当付きが出ていました。

2,000円(ブロンズ):観戦席、TOP3のサイン入り色紙、記念撮影(グループ単位)
3,000円(シルバー):観戦席、TOP3のサイン入り色紙、記念撮影(グループ単位)+お弁当お茶付き
5,000円(ゴールド):観戦席、TOP3のサイン入り色紙、記念撮影(グループ単位)+JPTスタートセレモニー中へのコースインタイム(3分)

 お弁当は有名な登利平さんのものなので、味は保証済みです。

 

f:id:ocawari4175:20190628112236j:plain

そんなこんなであっという間にスタート時間に。

 

f:id:ocawari4175:20190628150929j:plain

f:id:ocawari4175:20190628152441j:plain

始まるまでの間にストレッチをする選手達。

 

なぜかスタート直後の写真がないのですが、定刻通り12:35にスタート。

今日は6kmのコースを25周、計150kmのレースです。

 

f:id:ocawari4175:20190628153251j:plain

レース序盤から3名の逃げ集団が出来ました。

 

f:id:ocawari4175:20190628155740j:plain

シマノレーシング 湊選手弱虫ペダルサイクリングチーム村田選手東京ヴェントス伊藤選手です。

 

f:id:ocawari4175:20190628160335j:plain

3人の逃げを容認した集団は、マトリックスやチーム右京の外国人勢がいないせいもあるのか(?)比較的まったりペース

 

f:id:ocawari4175:20190628160700j:plain

スローペースな集団に痺れを切らしたのか、VC福岡佐藤選手が飛び出します。しかしこのアタックも吸収され 、しばらく3人の逃げが続きます。

 

f:id:ocawari4175:20190628164314j:plain

まったりムードのメイン集団。

 

f:id:ocawari4175:20190628164558j:plain

応援に来たブラーゼンくまさん達もまったりまったり~。

 

f:id:ocawari4175:20190628161409j:plain

群馬CSC名物、その名も「心臓破りの坂」。

 

f:id:ocawari4175:20190628161616j:plain

後半につれ逃げ3人とメイン集団の差が徐々に縮まってきたところでイナーメ信濃山形紺野選手が単独で飛び出しました。

 

f:id:ocawari4175:20190628162140j:plain

レース終盤でやっと集団の動きも活性化していきます。

 

f:id:ocawari4175:20190628162338j:plain

先頭集団から伊藤選手がドロップし、シマノレーシング入部選手が。2対1の不利な状況のなか村田選手の鬼気迫るようなこの表情!!

 

f:id:ocawari4175:20190628163032j:plain

残り二周回で集団も散り散りに。各チームの有力選手が動き出します。

 

f:id:ocawari4175:20190628163417j:plain

綺麗なブリヂストントレインがこのままゴールまで行くかと思ったら、アウト側から抜かしゴールを獲ったのは宇都宮ブリッツェン岡選手!!

 

 僅差でチームブリヂストンサイクリングの沢田選手が2位、今村選手が3位という結果に。

 

 

表彰台の様子はJプロツアー公式さんのツイッターより。 

 

群馬のレースはライブ配信がなかったので、JSPORTSさんによるダイジェストをどうぞ。

 

詳しい内容は各メディアの記事をご覧ください。

ゴール前大きく伸びた岡篤志が優勝 Jプロツアー第4戦、東日本ロードクラシック群馬 - cyclist

平成最後のJプロツアー 岡篤志が僅差のスプリントを制する - Jプロツアー第4戦 東日本ロードクラシック群馬大会 | cyclowired

Jプロツアー2019 第4戦・東日本ロードクラシックは岡篤志が優勝 サイクルスポーツのニュース | サイクルスポーツ.jp

 

終わった後も、色々な意見が噴出した群馬ラウンド

この会場でやるレースがまた見てみたい!!と思わせてくれる何かが、今ひとつ足りてなかったのは今後の課題かなあと個人的には思いました。

*1:この日は10連休期間中