ocawari4175のブログ(仮)

ocawari4175のブログ(仮)

国内ロードレースをゆるゆると観戦してます

南魚沼へロードレース観戦に行ってきたよ

開催地が全国でも有数の米どころである南魚沼ロードレース。

実質「元気モリモリご飯パワー杯」なのでは?とSNSで言われていたレースを観戦してきました。

jbcfroad.j

都内から新幹線で越後湯沢へ行き、そこで観戦仲間の方と合流。レンタカーを借りて現地へ向かいます。

レース会場へ到着すると、超が付くほどの快晴で、まさしく観戦日和。

もう9月だし~新潟だし~肌寒いかも~~~なんて心配は不要なくらい現地は暑かったです。真夏か!!

この新潟ラウンドはカメムシ大量発生の洗礼を受けると専らの評判だったのですが、いつもの10月開催から9月開催に変わったことによって今回はNOカメムシやったね!!

 

f:id:ocawari4175:20190925161653j:plain

自然豊かな南魚沼ロードレース

 

南魚沼産コシヒカリ*1のおにぎりを食べて腹ごしらえをしていたら、あっと言う間にレース時間!! 

選手達が続々とスタートラインへ集まってきました。

f:id:ocawari4175:20190925162136j:plain

レース前に集中している選手。

 

f:id:ocawari4175:20190925162240j:plain

談笑しながらスタートを待つ選手。

 

f:id:ocawari4175:20190925162751j:plain

ただ立っているだけでも汗が止まりません;( ;´꒳`;):

 

しばらくしてからレースは定刻通りにスタート。このコースは1周12kmを11周、計132kmを走ります。例年とは逆回りで設定されたのが、勝敗にどう影響してくるのか?

 

f:id:ocawari4175:20190925163616j:plain

レース序盤で少数の逃げ集団が形成されました。その中に昨年このコースを圧倒的な力で制したフランシスコ・マンセボ選手が。

 

www.youtube.com

 

f:id:ocawari4175:20190925164715j:plain

予想外の暑さに加えサバイバルなコースでDNFとなる選手も多いなか、単独で周回を重ねるマンセボ選手。後続との差は最大で5分30秒まで開きます。

 

f:id:ocawari4175:20190925165309j:plain

集団で大きな動きはなく、宇都宮ブリッツェンのコントロールで淡々と進んでいきます。

 

f:id:ocawari4175:20190925165531j:plain

トンネルの中を走る選手達。

 

f:id:ocawari4175:20190925165854j:plain

レース終盤になってもマンセボ選手は捕まりません。まさかこのまま逃げ切ってしまうのか?!

 

f:id:ocawari4175:20190925170210j:plain

レースも残り2周回。集団内ではやっと動きがあったようですが、まだマンセボ選手に追いつくことは出来ません。

 

f:id:ocawari4175:20190925170707j:plain

単独で最終周回に入ったマンセボ選手。この体幹すごすぎる(((((((( ;゚Д゚)))))))

 

f:id:ocawari4175:20190925171029j:plain

シマノレーシング入部選手とチームUKYOの横塚選手がその後を追いかけます。

 

f:id:ocawari4175:20190925171425j:plain

しかし、先頭でゴールラインを切ったのはやはりマンセボ選手でした!!2005年のツール・ド・フランスで総合4位だったその実力は、43歳になった今でも衰える事を知らないようです。

 

2位はチームUKYOのロビー・ハッカー選手、3位は入部選手という結果に。

 

 

詳しい内容は各メディア様の記事をご覧ください。

120kmを独走で逃げ切ったフランシスコ・マンセボが南魚沼ロード連覇 - Jプロツアー第17戦 南魚沼ロードレース | cyclowired

フランシスコ・マンセボが120kmを単独で逃げ切り優勝 Jプロツアー第17戦 - cyclist

Jプロツアー2019 第17戦・南魚沼ロードレースでマンセボが逃げ切り優勝 サイクルスポーツのニュース | サイクルスポーツ.jp

 

 

f:id:ocawari4175:20190925173141j:plain

また来週広島で~!!と言いながら帰っていくヴィクトワール広島の選手達。毎回長距離移動お疲れ様です(´;ω;`)

南魚沼のレースは見事逃げ切ったマンセボ劇場で幕を閉じましたが、観戦者もカメムシの恐怖から無事逃げ切れました(笑)各チームの思惑があったとは言え、もう少し集団で動きがあればまたレース展開が変わってきたのかな?

Jプロツアーも残り少なくなってきたので、各チームがどんな思惑で動くのか楽しみです!!

*1:もちろん新米